授乳中のエラボトックスって危険なの?真相を徹底解明


出産後、ある程度落ち着いた頃にエラボトックスを受けたいと思い立つ方も中にはいると思います。
しかし女性は出産して終わりという訳ではなく、赤ちゃんを育てるために必要な授乳期間というものがあります。
授乳期間は人によって異なる部分もありますが、一般的には大体1歳くらいまでで、2歳以上になっても授乳を推奨する小児科医の意見も上がっています。
そうなるとエラボトックスを希望している女性にとっては、心配で仕方ありませんよね。

 

では実際、授乳中にエラボトックスを受ける事はできるのかというと、ほとんどのクリニックでは推奨されていないというのが現状です。
これは妊娠中の方も同じで、クリニックに相談しても基本は断られると考えておいた方がいいでしょう。

 

何故妊娠・授乳中のエラボトックスはNGなのか?

ボトックスはボツリヌス菌毒素から抽出された製剤のひとつですが、これ自体は分解・精製されているので体に悪影響を与える心配はないとされています。

しかし、妊娠・授乳中となると話は変わってきます。
エラボトックスは注射だけで済む施術ではありますが、物が噛みづらくなったり等ストレスを感じやすい部分もあります。
ストレスが母体に負担をかける事で、胎児に悪影響を及ぼす可能性がないとは言い切れないのです。
もちろん胎児にエラボトックスを注入するといった経験もあるはずないので、絶対に安全という確認をする事もできません。
万が一妊娠・授乳中にエラボトックスを注入して胎児にとんでもない悪影響が及んでしまったら、取り返しのつかない事になってしまいます。

 

クリニックではその万が一の事を考え、妊娠・授乳中の方のエラボトックスは控えるように推奨してくれているのです。

 

子育てが落ち着いてからでも遅くない

忙しい毎日を送っていると中々エラボトックスを注入するタイミングを見つけられない事だと思います。
しかし、焦りは禁物です。
ご本人からしたら気になるエラを早く解消したいと考えるかもしれませんが、クリニックは患者さん一人一人の安全を第一に考えて施術を行ってくれています。
妊娠・授乳中も母体と赤ちゃんの事を思って止めてくれているので、無理に施術を迫るような事はしないようにしましょう。
エラボトックスはいつでも受ける事ができます。
まずは自身と赤ちゃんの健康の事だけを考え、ある程度落ち着いてから施術を受ける事をおすすめ致します。

 

エラボトックスの詳細から渋谷にある人気クリニックについて興味のある方は、是非トップページも一緒にご覧下さい。

TOPへ