マッサージ方法|エラ張り改善に重要なリンパとは?

エラが張る主な原因として筋肉の発達や骨格の歪み、そしてリンパの流れが悪くなっている可能性が考えられています。
骨格が原因の場合骨を弄らないとどうしようもないケースがあるので専門医に相談した方が得策と言えますが、筋肉やリンパが原因なら自力でエラ張りを改善していく事ができます。

 

その方法のひとつが、マッサージです。
マッサージで凝った筋肉をほぐしたりリンパの流れを良くしてあげる事で、自然とエラを目立たなくしていく事ができるのです。
もちろん1日2日で効果が表れるようなものではありませんが、実践してみる価値はあるでしょう。
ではどのようにマッサージをしていけばいいのか、今回はその手順や注意点についてご紹介していきたいと思います。

 

リンパとは?


画像を見てもらうと分かると思いますが、エラ付近はもちろん人間の体には複数のリンパという節が流れています。
リンパは老廃物を排出して新しい酸素や栄養を体内に取り込む重要な働きをしてくれているのですが、この流れがスムーズにいかない事で顔がむくんでエラが張って見えたり、様々な肌トラブルに見舞われてしまうという訳です。

 

ではなぜリンパの流れが滞ってしまうのかというと、その主な原因は日常生活にあると言われています。

 

リンパの流れが悪くなる原因
  • 運動不足

    筋肉が衰える事でリンパが上手く流れなくなります。

  • 水分不足

    リンパは水分と一緒に老廃物を流す仕組みになっているため、これが不足する事でリンパが滞ってしまいます。

  • ストレス

    人間が生きる上で重要な自律神経が乱れる事で、リンパの流れが滞ります。

  • 冷え性

    体温調節が上手くできていない状態です。
    慢性的に冷えていると血管が収縮し、リンパや血の流れが悪くなります。

社会人や主婦、学校生活などで身に覚えがある方も多いのではないでしょうか。
運動不足やストレスの溜めすぎなど、現代社会において今や珍しい事ではありません。
マッサージはもちろんですが、好きな事をしてストレス発散するなど日々の生活の中でできる事もあるので、まずは自分の生活習慣について考えてみる事をおすすめ致します。

 

リンパマッサージの方法やポイント


リンパマッサージの基本は口角→小鼻脇→目下→耳下→鎖骨の流れで円を描くイメージで行います。
リンパは全て鎖骨に繋がっています。
エラ張り改善のために行うマッサージですが、鎖骨までしっかり流さないとリンパの滞りを解消する事ができないので注意しましょう。
体が温まっていた方が効果が高まると言われているので、お風呂上がりにやるのがおすすめです。

 

マッサージする際の注意点

マッサージをする時は指の滑りをよくした方がいいと言われていますが、クレンジング中はNGです。

クレンジングはあくまでメイクを落とすために作られた化粧品なので、マッサージのために長く肌につけた状態でいると皮膚を傷付けてしまう恐れがあります。
滑りを良くするときは、オイルなどを用いるようにしましょう。

 

また強くこするように行うのもNG。
人差し指は無意識に力を入れてしまいがちなのてま、中指〜小指の3本で行うのがおすすめです。
この3本なら適度な力加減でマッサージしていく事ができます。

 

リンパは非常に繊細な部分でもあります。
やり過ぎる事で炎症を起こす可能性もあるので、焦らずマイペースに行っていく事を心掛けましょう。

 

エラボトックスの詳細から渋谷にある人気クリニックについて興味のある方は、是非トップページも一緒にご覧下さい。

TOPへ